ユーザー車検いってきましたぁ



車検といえば、今までは民間車検工場やディーラーのサービスに出していましたが、今回はユーザー車検に挑戦してきました。
一昔前は、ユーザー車検と言えばハードルが高かったのですが、規制緩和されたのでしょうか、今は事情が違うみたいです。

では、工場車検とユーザー車検、なにがちがうのか。。。
車検工場ではまず「法定24ヶ月点検」というものを行って、各所の点検や部品の交換などを行い、車検場へ行かずに工場内で信用取引的に検査を行うわけです。
もちろん車検証は陸運局が発行しますが。。。
そのため、点検費用や部品代(時によってはまだ換えなくてもいいモノまで換えてくれたりします)が必要となり、結果的に“高い”と言うイメージがあります。
ディーラーであれば、2000ccクラスの車であればやはり9〜13万ぐらいかかってしまうのではないでしょうか。
で、ユーザー車検は“任意の整備工場で24ヶ月点検を受ける”と言う前提で、全国各地の陸運支局にユーザーが車両を持ち込んで検査を受けるわけです。
費用としては、自賠責保険料+重量税+検査手数料。だけです。
私の場合、合計で¥54,270也。
勿論この段階で「安全に走る止まる曲がる」が出来ない車両は検査を通りません。
また、24ヶ月点検はユーザーにも義務づけられていますから、これをしておかないと走行中車両に不備があった場合はどうなるか知りません。
とりあえず、点検はどこで受けるかはまた考えるとして(車検後に受けてもOK)現状でどんな整備が必要か、オートバックスの車検無料見積に行ってきました。
結果、まぁ後でも大丈夫かぁってな状態でしたので、今回はユーザー車検を受けることに。
ユーザー車検を通すにはどういう車の状態であればいいのか、は、いろいろとググってみて下さい。

んじゃ、車検本番を。。。



自分で用意する必要がある書類は・・・。
・現在の車検証
・自動車税納付証明書
・自賠責保険証書(陸運局でも加入できます)
さらに検査を受けるのに必要な書類を陸運局で購入し、必要事項を記入します。
所定の費用や重量税も併せて払います。


受付で「初めてです」って言ったら、手順をビデオで見せてくれました(左)。
また、ヘッドライトが4灯式の車は、ロービームを隠す必要があります(右)。


ここまで済んだらさぁ検査ラインへ! なのですが。。。


めっちゃ混んでました(@_@)。大渋滞です(^_^;)。一般ユーザーの他に、整備工場のスタッフらしき人、中古車屋さんらしき人、大勢いました。


そして、いざ! と言うときに、検査ラインが休憩に。。。(笑)
おかげで検査ラインをしっかりと写真に撮ることができました。
一番手前でサイドスリップ(ググってね)
その次のところで、ヘッドライト、メーター、ブレーキのテスト。
更に奥で、下回りの検査。出口手前で、排ガス検査、となります。
初めてのことでしたので、多少あたふたしましたが、全て一発合格。
10分ほどの検査です。
再び庁舎に行って新しい車検証と検査済シールを頂きました。


24ヶ月点検を受けなければならい。と言う前提ではありますが(前提ね)、普段から車のコンディションに気を配って、然るべきメンテナンスをしている人は、挑戦してみる値打ち、あります。

ただし。。。
陸運支局は、平日しかやってませんので。。。

全て手続きが終わって帰ろうとしたら。。。


おおおおおおおおおおおおおお。
フェラーリ“エンツォ・フェラーリ”ではないかぁ〜。
CORNSのユニックなので正規車両ですね。。。

いろんな車が見られて楽しい、なにわ自動車検査登録事務所
でした。

最後に、私がユーザー車検を受けるに際して参考にしたサイトはこちらです。


| 車いぢり | 11:27 PM | comments (4) | trackback (x) |


コメント

| ぷー | EMAIL | URL | 2010/09/18 08:19 AM | 5/Rnd7vk |
σ(・_・)は全て購入したクルマ屋さんにお任せしているんだけど、
ユーザー車検と一般の車検の差額がクルマ屋さんの儲けと考えたらいいんでしょうね~
かなり儲けてるね・・・(笑)

普段からメンテしてるつもりだから、今度ユーザー車検やってみよう。
浮いたお金で何か出来るし・・・^^

| 野良人のおじさん | EMAIL | URL | 2010/09/18 06:35 PM | LAaUhnhU |
おじさんも、今から20年程前に2年続けてユーザー車検をしたことがありますが・・・・。結論は、「もちはもちや」です。
信頼できる整備工場でしてもらうことが 最善という結論です。

| puu | EMAIL | URL | 2010/09/18 08:36 PM | xVBI460A |
>ぷーさん
差が車屋さんの儲け、というわけでもなく、24ヶ月点検費用ってことですね。
余計な部品まで交換されるとこまっちゃいますが。。。
メンテ次第では、ユーザー車検、いけると思いますよ。
但し、高年次車や、年間かなり距離を走る車は、きちんとプロの整備を受けることをオススメしますが…。

| puu | EMAIL | URL | 2010/09/18 08:40 PM | xVBI460A |
>おじさん
20年前ねぇ〜。今は「餅はコンビニ」でも売ってるんですよ(^_^)
ボンネットを開けて、確認するのは車台番号と原動機の型式のみ。
タイミングベルトやファンベルトのたるみ、エンジンオイルの色とかブレーキフールドの色なんて見ません。
タイヤの空気圧も測らないし、車輪のアライメントなんてチェックしません。
車の信頼性能が向上したので、1995年頃からかなり規制緩和されたようですヨ。
いまや、「米はスーパー、餅もコンビニ」ですわ。

コメントする