“SCOO”をつかってみた



先日散歩がてらSPS梅田まで行ってきて、ゲットしたもののひとつがこれ。
snowpeak SCT-125 “SCOO”
山岳向けカトラリーというカテゴリーで同社から発売されていますが、
オートキャンプ撤収日用割箸不要のエコカトラリーとして使用しようかと…。
なので、とりあえず家族分。


「ライスとヌードル、どちらもすくえる先端形状」ということで、
商品通称が“SCOO(スクー)”。遊び心がいっぱいの名前ですな。
私としては、OK。センス良くまとめたネーミングだと思います。

で。肝心の使用感は・・・。


レンジでチン のドリアも問題なく・・・。
チタンなので金属臭が気になることもありません。


ご飯の殆ど入っていない、野菜だらけの炒飯も問題なく・・・。
スプーンとしてもちゃんと面積があるので、
気持ちよく「すくう」コトが出来ます。


そしてそして、ヌードルも上手く食すことが出来ます。
ちょっと長めの先割れが効いてます。

ただ、家族の意見としては、夏の撤収日定番の、
冷たい素麺はやはり箸だなぁ〜と。
やっぱりその辺りはニッポンピーポー(笑)
仕方がありませんね。
和武器とSCOOの中間に位置するカトラリーって
どんなものになるんでしょうね。

んで。んで。
問題があるとすれば・・・。
それは便利であるが故の食べ過ぎ(爆)

ということで、家族評も概ね良好で、
撤収日カトラリーに任命です。
あ、そだ、収納ケース何とかしなきゃぁ。




| キャンプ道具 | 04:05 PM | comments (0) | trackback (x) |


コメント

コメントする